本格的な鬼瓦からエクステリアや記念品、贈答品まで 淡路瓦のタツミ

>
>
経の巻

経の巻

■経の巻(きょうのまき)

神社や御所の屋根、又、門跡寺院等に主に使用されている屋根の棟端を飾る瓦です。御所又は経の巻と呼ばれ、元々は宮中に使用されていました。平安時代初期頃から始まって、現在まで使用されている瓦で、神社や寺院が使用を許されていましたが、近時は何処でも盛んに使用されています。

 

特注品の製作事例

   
001   002   003
   
004   005   006
   
007   008   009
       
010    011    012

 

   
013   014   015

 

   
016   017   018

 

   
019   020   021

 

   
022   023   024