本格的な鬼瓦からエクステリアや記念品、贈答品まで 淡路瓦のタツミ

>
会社案内

会社案内

「日本の伝統と文化を守る」

私たちは淡路島の南西部、南あわじ市津井地区の播磨灘に面した自然豊かな環境で代々瓦作りに励んできました。現在の主な仕事は鬼瓦・棟瓦の製造ですが、手造り職人が手掛ける壁、床、庭のアプローチ、飾り瓦等、私たちの焼き物の技術、手作りの技術を使い、広い範囲に目を向けています。

また水産部では鳴門海峡周辺の南あわじ市産のわかめを自社水産工場にて湯通し、塩蔵処理をしています。「安心・安全・新鮮」なめかぶと葉、茎に選別した商品を主に販売しております。