本格的な鬼瓦からエクステリアや記念品、贈答品まで 淡路瓦のタツミ

>
>
社長挨拶

社長からのご挨拶

『食と住の地場産業を通じて社会に奉仕する』

 

私たちは、兵庫県伝統的工芸品「淡路鬼瓦」の指定窯元として、民家はもとより、社寺仏閣の甍に使われる鬼面瓦、飾り瓦などを作る職人集団です。創業以来、淡路島の「地場産業のいぶし瓦製造を通して社会に奉仕する」を社是として瓦作りに取り組んできました。そして、現在では日本の伝統文化と食生活に貢献できるよう努力し、お客様の立場に立った製品作りを考えながら、地域社会に必要とされ、信頼される企業を目指すよう従業員共々日々努めております。世界に誇れる「いぶし瓦の製造技術」を活かし、日本の伝統的な美しい街並みの継承と「和の心」を伝承し、さらに景観素材としての「いぶし瓦」の魅力を追求し、新しい街並みにもマッチするエクステリア、インテリアとしての製品も探求しています。このホームページを通して、皆様にいぶし瓦の魅力を知って頂き、町並みづくりや生活のアクセントに「いぶし瓦」を活用していただければ幸いです。また健康食品として地場の鳴門海峡の流れの中で育まれた美味しい若布を提供できればと希望しております。

株式会社タツミ

代表取締役 興津 博捷

 

 

基本理念

  • 私どもタツミは仕事を通じ、日本の伝統・文化・食生活に貢献する。
     
  • お客様の立場に立ち、製品作りを考えながら業務を推進し、事業の発展と従業

    員の幸福を追求する。

     
  • 地域社会に必要とされ、信頼される企業をめざし日々努力をする。

行動指針

  • タツミは一つ一つの製品作りに愛情と責任と誇りを持ってお客様の信頼にお答

    えすることを使命とする。

     
  • 日本のよき伝統と文化を守るために知識・技術・経験を共有することで、高い

    品質と安心できる製品作りに努めることを使命とする。

     
  • 「良品はお客さまを招く」をモットーとし、企業の健全経営を目指し、従業員

    の幸せを追求することを使命とする。

     
  • 社会規範・法令を遵守するとともに経営内容を透明性と開放性にし、従業員が

    喜んで会社の業務や製品の改善に努め、地域社会に信頼される企業を目指し、

    社員の幸せと人間力の向上に努めることを使命とする。